英語力を高めるぞ

 

わたしたちは英語を6年間も学校で勉強するのに、まったく英語を話せない!
わたしたちが英語を話せない理由は簡単だ。
学校の英語教育が悪いんだ。
文法を重視しすぎで、長文ばっかり読ませるからだ。
英語教師もたいして英語を話せない。
大学入試もやたら難しい問題ばっかり出る。
こんなんで英語を話せるようになるわけがない!

 

 

言いたいことはもうありませんか?
ちゃんとすべて言いましたか?

 

英語教育が悪い
学校の先生が悪い
大学受験が悪い

 

確かにそうです。

 

でも、

 

もう誰かのせいにするのはやめませんか?

 

誰かのせいにしても、英語ができるようになるわけではありません。
誰かのせいにしても、その誰かは責任をとってくれません。

 

実は、小中高の英語の授業だけをやっても
英語がぺらぺらになるわけではありません。

 

しかも、小中高の授業は、英会話スクールではありません。
会話の練習だけやればいいわけではありません。
文法だってやります。小テストだってやります。

 

仮に授業の時間の全てを英会話の練習に費やしても、
時間的には不十分なのです。
どんなにすばらしい授業が展開されても、
学校の授業だけでは足りないのです。純粋に時間が足りないのです。

 

 

そして、おそらく、私たち自身にも問題があるでしょう。

 

 

どれだけ真剣に学校の授業を受けているか。
家でどれくらい復習しているか。

 

 

上記の通り、授業だけではまったく時間が足りません。
発音や会話の練習が、授業だけで十分だなんてことはありえません。
家でさらに練習をしなければ上手になるわけがありません。
そのための努力を、私たちは行っているのでしょうか。

 

 

語学の習得は、時間との勝負でもあります。
しかし、学生でも社会人でも、なかなか家に帰ってまで
練習できないのが現状ではないでしょうか。

 

 

結局、

 

なぜ英語を話せるようになりたいの?
または、
なぜ英語ができるようになりたいの?

 

という問題に行き着きます。

 

なぜ英語が話せる(できる)ようになりたいの?
どれくらいそう思っているの?
そのために、どれくらいの努力をする覚悟があるの?

 

必要に迫られなければ、なかなか本気になれないものです。
なぜ、英語が話せる(できる)ようになりたいのですか?

 

 

 

Aさんを例にあげましょう。

 

Aさんの現在の生活では、英語に触れる機会は全くありません。
首都圏から少し離れた中規模都市に住んでいるAさん。
近くに英語が話せる外国人はいません。
身内に英語が話せる者もいません。
英語を話す機会は、見事にゼロです。
駅で偶然外国人に話しかけられる可能性はありますが、
そんなこと今まで一度もありません。

 

もし、そんな状況で、Aさんが「英語を話せるようになりたい!」
と思ったら、かなり大変なことになるでしょう。

 

とりあえず本屋に行って英会話の本を買う。
スマホの英会話アプリで練習することもできます。
英会話スクールに通うのもありです。
週2回、駅前留学します。

 

語学の習得のために必要なおおよその時間が
計算されています。

 

日本人が英語で日常会話ができるようになるためには
2000時間〜3000時間必要と言われています。
とりあえず、中高6年間で1000時間くらい学びました。
あれからすでに20年近く経ってほとんど忘れていますが…
まぁ1000時間学んだことにします。

 

2000時間とすると、あと1000時間必要です。
社会人になった今、1000時間の確保に努めます。

 

毎日1時間で1000日。約3年です。

 

でも思い出してみてください。
3年間、コツコツがんばり続けたことってありますか??

 

…残念ながら、Aさんにはありません。

 

ランニングも筋トレもダイエットも、たいがいすぐ終わります。
おそらく、絶対にそれをしなければならない訳ではないからでしょう。
Aさんの意志が弱いのもありますが、必要性があまりないからだと思います。

 

マラソンに出るなら、ランニングはできそうです。
美しい肉体美にあこがれるなら、筋トレもできそうです。
もし不幸にも何か病気になれば、ダイエットもできそうです。

 

しかし、そういう必要に迫られなければ、なかなか続かないものです。

 

 

 

では、英語は?

 

毎日1時間、勉強の時間が取れますか?
週2回、駅前留学続けられますか?

 

繰り返しますが、Aさんには、英語を話す友人はいません。
英語を話さなければならない大きな理由もありません。
ただ、英語が話せたらいいなぁ、というのが動機です。
日常生活で英語を話す機会はありません。
練習を披露する相手も、英会話の先生以外にはいません。

 

おそらく、この状況なら、Aさんは途中でやめてしまうでしょう。

 

そして、英語を話せるようになりたいけど、
話せるようにならない。なぜだ?
学校の英語教育が悪い!

 

と思うことでしょう。

 

 

英語教育のせいにするのは簡単です。
中学・高校の時の英語をの先生を恨めばいいのです。

 

しかし、そうしたからといって、残念ながら、自分の状況は
何も変わりません。

 

 

 

上の例に出てきたAさんは、英会話を学ぶ動機は
英語ができたらかっこういいなぁ」程度のものです。
さらに、英語に触れる環境はゼロ。

 

 

もし、英語に触れる環境がゼロでも、
「英語を学びたい」という強い動機があれば、
英会話の練習機会が少ないのでつらいですが、それでもおそらく
英語が話せるようになるでしょう。

 

もし、強い動機と英語に触れる環境が少しでもあれば、
必ず英語が話せるようになるでしょう。

 

ただし、それ相応の努力が必要です。
しかし、強い動機があれば、努力を続けられるハズです。

 

 

つまり、必要なことは、

 

なぜ英語がはなせるようになりたいのか

 

という理由です。

 

そして、そのために

 

頑張るぞ!という強い意志。

 

さらに、英語に実際に触れる機会があればなお良し、ということです。

 

 

 

最後にもう一度、

 

 

英語ができない理由を、誰かのせいにするのはやめませんか?

 

日本の英語教育に多かれ少なかれ原因があることは分かっています。

 

 

では、今からやり直しましょう!

 

なぜ、英語が話せるようになりたいのですか?
その覚悟はどれくらいありますか?

 

 

はっきりした動機、強い意志があれば、もう大丈夫です。

 

あとは、何をすれば良いか?

 

ということになります。